カテゴリ:おしらせ( 153 )

木屑という価値 展

京都・メーリーゴーランドギャラリーにて「木屑という価値」展 開催中です。
b0205288_704091.jpg

b0205288_704164.jpg

「 木屑近影 」

小刀で鋭く削り落とされた木屑。

鉈(なた)で荒々しくそぎ落とされた木屑。

作業をすれば必ず生まれる木屑たちの中に自然の造形物と
見まごうものが度々混ざっています。
植物の蔓の様であったり、鳥の羽根に見えたり。

掃き集めて捨てるには、あまりに忘れ難く
いつしか作業場の棚に集まられた木屑たちを写真に収めて
古材の額縁をつけてやりました。   さかいあつし ー会場キャプションよりー
b0205288_704172.jpg

b0205288_70405.jpg

「 かけら 」

板材から大小様々な形のスプーンを切り分ける時に出る端材に
着目したオブジェです。

ひとつの行為(この場合は切り分けるという行為)から
意図した物(事)と意図しない物(事)が生まれることへの驚き。
そして普段は意図した物(事)しか見えていないことへの驚き。
言い換えれば、半分近くの物(事)を普段は見えていないのでは
ないかという驚き。

それらが製作の動機になっています。

作業場に当たり前のように転がっているもうひとつの世界です。

さかいあつし ー会場キャプションよりー

匙も並んでおります。
どうぞお立ち寄り下さい。

「木屑という価値」 さかいあつし個展
子供の本屋メリーゴーランド 併設ギャラリー
2015 6/27 - 7/8



kosajiya
by ko-sajiya | 2015-07-01 09:55 | おしらせ | Comments(0)

京都にて個展です。ー木屑という価値ー

b0205288_1671593.jpg

「木屑という価値」

私は毎日、木屑を作っています。

そして副産物としてできるスプーンを売って生業としています。

なんて言ってみたいものです。

工程上、どうしても生まれる木っ端や木屑の中にハッとするような造形を
見つけると、目の前の景色はひとつではないことに気付かされます。

要るものだけを見過ぎて、もうひとつの楽しい世界を普段は見落としているのでしょうね。

今展示会では、普段作っている木のスプーンやお盆に加えて、端材が見せてくれる
図らずも楽しい世界をオブジェや写真でご覧頂きます。


今回のDMに載せた文章です。


岡山へ越してきて間もない頃、京都にある‘子供の本屋 メリーゴーランド’さんから展示会のお話をいただき、京都での展示会初めての機会を頂きました。

絵本や写真集など素敵な本が並ぶその横でどんな展示にしたらいいだろうと考えました。

せっかくなのでスプーンを作りながら、これまでにもたびたびテーマにしてきた
「意識と無意識」をコンセプトにすることにしてみました。
もちろん副産物の匙も並びます!どうぞ選びに来て下さいね。

この頃の京都もしっとりとした良い時期では…。
ぜひご覧ください。


「木屑という価値」さかいあつし個展
子供の本屋メリーゴーランド<京都店>
2015.6.27Sat - 7.8Wed
27日・28日はふたりで在廊します。
お会いできれば嬉しいです。


kosajiya
by ko-sajiya | 2015-06-20 16:32 | おしらせ | Comments(0)

必見です。@牛窓

b0205288_1222546.jpg

牛窓の唐琴通りに「御茶屋跡」という建物が残っています。
朝鮮通信使や来賓の休憩、宿泊に使われていたという建物で贅沢な造りの立派な建物ですが現在では使われず傷む一方でした。
確かに素晴らしいはずの建物だとはわかるのですが、障子は破れ、畳の上には屋根土が積もり、庭も草木が伸び放題で初めて中を見せてもらった時は、なんだか肩をすぼめて見て回る感じでした。

その御茶屋跡を使って企画展が行われています。
赤磐市にあるカフェドグラス921ギャラリーの末藤さん企画で吉祥寺のRoundabout/OUTBOUNDの小林さんの展示です。

『機能と作用』展  新店舗 御茶屋跡とカフェドグラス同時開催

贅沢な造りの建物に負けない展示に、牛窓でこんな刺激的な空間を作ってくれたおふたりに感謝の気持ちでいっぱいです。

この企画が始まる前、準備がどれだけ大変だったことかと考えます。
野々の散歩で建物の前を通りかかるとほぼ末藤さんの車がありました。
時間をかけて、手間をかけて、蘇らせたのです。
風が通り、建物が息を吹き返したこの場所に、小林さんの愛すべき物達が並んでいます。
b0205288_1222462.jpg

ここに座り、感じ取ってみてください。
b0205288_1222321.jpg

そしてもうひとつ。
b0205288_1223085.jpg

牛窓にある瀬戸内美術館では、「井上有一展」が開催されています。

私が井上有一さんを知ったのは、うつわ菜の花さんでした。
菜の花さんには、いつもどこかに井上さんの作品が飾られていて、匙屋の個展の時もそれを背景に匙を並べさせていただたこともありました。

今回の展では、34点の未発表作品も見ることができます。
これだけの数の作品展を拝見するのは初めてであまりのダイナミックさに圧倒されました。
これは実物を見るべきものだとも思いました。

終戦間近の大空襲で教え子たちを亡くした井上さんは、その念を生涯抱えて、紙に載せる言葉にも大きく影響していました。
その中でも「貧」は、一番たくさん書かれたのではないかという文字です。
足るを知り、質素に暮らすことを自分に課して。

菜の花さんでの匙屋個展の時の紹介文に高橋さんから「清貧」と言う言葉を頂いたことを思いだしました。
うつくしい言葉、井上さんからきていたのかなと。

牛窓で開催されているふたつの展示、必見です。
まずは、今週末(14日で終わりです!)の予定に入れてみてください。

kosajiya
by ko-sajiya | 2015-06-11 16:46 | おしらせ | Comments(0)

ドイツとスウェーデンへ

b0205288_20475850.jpg

b0205288_21104011.jpg

b0205288_2010379.jpg

寒さと重たい雲に包まれた季節を終えて、喜びの太陽の季節を迎えたドイツへ今年も行ってまいります。

Kunst Hand Fest in Barnitz
2015 5 14thu -17sun


バルニッツというドイツの北の小さな町に5組のアーティストがアトリエを構えています。
それぞれが5組ほどのアーティストを迎え、アトリエを開放し行われるクラフト&アートイベントに3年ぶりに参加させて頂きます。

画像は前回の時に撮影したものですがとてもうらやましい風景が広がる街でした。
バルニッツの街の様子を数字で調べると…
人口 828名
人口密度70人/k㎡…ちなみに東京国立市は9265人/k㎡
ゆ〜ったりとしております。

普段はのんびりとした小さな町ですがこのイベントの時は、たくさんの人が訪れ、各アトリエを歩いてまわりそして用意されたガーデンレストランで、のんびりと食事を楽しみます。

その場所に身をおくだけで幸せを感じるところです。

そして、そして
今回は4日間のイベント後、スウェーデンへ渡り、もうひとつの展覧会もさせて頂く事になりました。
ストックホルムでの作り手たちとの交流が楽しみです。

Konsthantverkarna
2015 5 20wed - 27wed


コンストハントヴェルカナとは…

匙を作り続けて20年。
何かしらのお役目を担っていると信じて行ってまいります。

kosajiya
by ko-sajiya | 2015-05-04 20:11 | おしらせ | Comments(0)

大入荷@Kameli apartment in 神戸

b0205288_21312738.jpg

今年初の大入荷です!

今回もいろいろな種類をご覧いただき、気に入ったものをお選び頂けたらと思います。

匙を作り始めて、20年になりますが最近は新作を!と言う感じではなく、これまで作り上げてきた15種類ほどの匙を安定して使い手のみなさまにお届けできればと淡々と作っています。

口当たり、握りやすさ、用途に合わせて試行錯誤してきましたがもし、何か提案がありましたらご遠慮なく教えて下さいね。

今回のお店、Kameli apartmentさんは、先日フィンランドとロンドンへ買い付けに行ってきたばかり。
珍しいものも並んでいますよ。ぜひ、お立ち寄り下さい。

匙屋 大入荷@Kameli apartment in 神戸
2015 3.28 - 4.12
by ko-sajiya | 2015-03-25 21:51 | おしらせ | Comments(0)

春分の日

b0205288_10511346.jpg

石川硝子工藝舎の石川昌浩さんのお誘いで臨んだ
展示会、「匙屋とコップ屋」@くらしのギャラリー本店も今日で終わる。
あっという間の会期も前半は肌寒く、後半は木の芽ほころぶ陽気。

昨日は春分の日。
幾度と開かれる展示会にも、季節の変わり目と同じように
作歴の変わり目となる会があるように思う。
僕の中で、何かが変わった。

石川さんとゆっくりご一緒する機会は年に何度もないが
展示の在廊中、有意義な時間を共有できた。

草は踏まれて根を拡げる。種は運ばれて芽を生やす。
見えないところで力を蓄える視点も教わった。

ありがとう。
お互い、野の者らしく咲き誇ろう。

さかいあつし
by ko-sajiya | 2015-03-22 10:52 | おしらせ | Comments(0)

ここから。今日から。

b0205288_12363089.jpg

岡山牛窓に移って2年と経たないが、その間製作環境を整えることに気を留めてきた。
生業に物作りを選んで20年が過ぎ、何を今更と思われるかもしれないが
刻々と変わる状況に対応するのが精一杯で、作り方や環境は走りながら考える今迄だった。
走り方が解ってきたのかもしれない。

この地で並走してくれる人に出会うという幸運にも恵まれた。

初心に戻ってここからまた走りだすとしよう。
移転後、初の岡山展示が今日から始まる。

さかいあつし

2015.3.13 fri - 22 sun 17 tue
くらしのギャラリーにて


※ 画像:くらしのギャラリースタッフさん
by ko-sajiya | 2015-03-13 12:39 | おしらせ | Comments(0)

匙屋とコップ屋

b0205288_8184461.jpg

さぁ、あと2週間となりました。
岡山での初めての展示会、石川昌浩さんとの二人展を問屋町のくらしのギャラリーさんでさせて頂きます。
くらしのギャラリーさんでは、企画ごとにポスターまで作ってくださいます!
b0205288_8184650.jpg

東京では、何百通もDMを出せていたのが新しい土地でのご案内枚数は、まだまだ100通にもとどきませんでした。
また、イチから始まるんだなぁと初心を思いだし気を引き締める思いとワクワクもしております。

今回のDMは、石川さんとくらしのギャラリーさんが考えて下さり、文庫本を模して趣ある素敵なものにして下さいました。

そこに綴られた言葉から。

  * * *

『匙屋とコップ屋』
 さかいあつし・石川昌浩

匙と硝子、素材は違えど、数を作るという仕事を選んだお二人。


コップと匙、
どちらも毎日使う働き者。
どちらも、使う人の口に直接、触れるもの。

どの家にも必ずあるもの。
だからこそ、きちんと真面目に作る。

さかいさんの作る匙と
石川さんの作るコップは
どこか似ている。

出しゃばらずに、前から
そこにあったかのような感じ。
使おうと思って使うのではなく
知らずと手にとっている。

そんな、匙とコップが
やってきます。


  * * *

2015.3.13 fri - 22 sun 17 tue
くらしのギャラリーにて


kosajiya
by ko-sajiya | 2015-03-01 08:23 | おしらせ | Comments(0)

初日は雪でした。

b0205288_16411879.jpg

3日間の在廊を終えて、無事牛窓へ帰って来ました。

車で10時間。
行きは、朝日に向かいながら、帰りは夕焼けに向かいながら。

前日はあまりに良い天気だったので初日の雪景色にはビックリしました。
足元の悪い中、お越し頂きありがとうございました。
窓から街路樹に積もった雪を眺めながら「今日はゆっくりスタートで体慣らしていきましょう〜」なんて開店前に言っていたのですが、途切れること無くお越し頂き、本当に感謝しております。

今回は、同時に牛窓物産もいろいろご紹介しているのですが早々に売り切れてしまうものもあり、せっかく楽しみに来て下さった皆様にはがっかりさせてしまい申し訳なかったです。
まだまだ、ご紹介したいものがありますので次回を楽しみにしていて下さい。

東京から何処かへと考えている方が何組かいらっしゃってお話をさせていただきましたが家探しがなかなか進まずもやもやされていました。
お話していて今思うのは、理想をあまり掲げず、最小限の条件を持って探すことかと思いました。
都会での暮らしで当然と思っていたことを1度ないものとして新しい土地のすべてを1度吸収するぐらいの気持ちで家探しすることかと。

そして如何に自分たちの事を土地の人達に信用してもらうか。
地方の街では、ひとが増えてほしい気持ちもあるわけです。でも、どんな人でもいいわけではないのは当たり前の気持ちです。
どんな人かがわかれば安心なのです。
家探しの段階から慎重に自分たちのことを伝え、何者かを知ってもらい、受け入れてもらいぜひこの街に来てほしいとなれば物件との縁は増えると思います。


田舎暮らし2度め、引越し5度目の匙屋が思う、物件探しのコツでした。

匙屋さかいあつし展@黄色い鳥器店、8日の日曜日までです。
GAREGEさん企画のイベントもあります。
ぜひ、くにたち散歩におでかけ下さい。

kosajiya
by ko-sajiya | 2015-02-05 19:08 | おしらせ | Comments(0)

物産展もあるよ! その2

b0205288_20102279.jpg

今回の牛窓物産展に参加をお願いした6組の生産者さんを紹介するチラシを作ってみました。
当日、会場でお配りしようと思います。

それぞれの生産者さんを訪ねている間に
「ウチはあそこの小麦粉を使っているんですよ」
「あちらにも麹を卸していますよ」
と素材を介してつながっていることがわかり、確かな素材を探す人同士が選び合うものが地元にあるということはスゴイことだと思いました。
それがまた嬉しかったです。

それでは、あと3組ご紹介します。

ミツクラ農林  マッシュルーム  http://www.mitukura-nourin.com
b0205288_23362683.jpg

牛窓へ来てすぐの頃、発見して嬉しかったのがマッシュルームシェアNo.1のミツクラ農林さん。
ある日、車道脇に小さな看板を見つけ、「行ってみよう!」と山道へ入って行きました。
山あいをどんどんどんどん入っていき、不安になってきた頃、そこには・・・いいとこ見つけちゃいました。
それから、何度マッシュルームを買いに行ったことでしょう。摘みたての香りたっぷりのマッシュルームを直売で買うことができるのです。それもどっさりがお安く。

ミツクラさんでは、近隣の人達がたくさん働いています。
介護や子育てでフルタイムで働くのは難しい人でも少しの時間でもあれば働ける工夫がされ、とても働きやすい環境を作っていることがHPからわかります。
想いの詰まった素敵なHPですので是非ご覧になってみてください。牛窓の様子も紹介されています。

一文字うどん うどん・小麦粉 http://www.ichimonji.ne.jp
b0205288_2336251.jpg

評判を聞いてはじめて行った時のことをよく覚えています。
まず、セルフうどん方式が初めてでした。自分でざるにうどんを入れ暖めて、好きな具材を選んでだし汁を注ぐ。見よう見まねで戸惑いながらも嬉しい気持ち半分で自分のうどんを作った。
テーブルには、店主のこれまでの足跡が書かれそこには、研究が講じて自ら小麦粉を作っているという文章や壁には「地元のものを食べよう!」と言う張り紙。
店内に流れるBGMはビートルズという嬉しいおまけ付き。

雰囲気はいたって家庭的なうどん屋さんです。でもうどん屋さんでこんなにワクワクしたのは初めてでした。

後にいろいろ知る一文字さんの奥深さがただのうどん屋さんではありません。
こちらもHPにてご覧ください。とても書ききれません。

名刀味噌本舗  味噌・甘酒・ひしお味噌  http://www.meitoumiso.com
b0205288_23362582.jpg

近所の産直市場や家から2分の観光案内のお土産売り場に甘酒を見つけ、近いこともありちょっとした手土産や取引先へ送る荷物に忍ばせるのに甘酒を買い続けました。
私は豆乳や牛乳と合わせて冷やしたり暖めたり、夏も冬も頂きます。
お味噌も岡山県産の素材を中心に選び、添加物が一切入らないものです。

味噌に添加物が入ること自体?おかしなことだと思うのですが
当たり前のことをシンプルに作り、思いを共有して生業とする生産者さん達に毎日、美味しく安心して食事ができることを感謝しています。

まだまだ紹介しきれないことがたくさんあります。
ぜひ、各HPをご覧いただければと思います。



kosajiya
by ko-sajiya | 2015-01-27 00:03 | おしらせ | Comments(0)

                                                                 木を削って、うるしを塗ってスプーンを作っています。


by ko-sajiya

プロフィールを見る

匙屋

■2016.11.30
sajiya studio開店いたしました
<岡山県瀬戸内市牛窓町>
営業:水・木・金・土 11:00-17:00
どうぞお気軽にお立ち寄りください

住所
瀬戸内市牛窓町牛窓3012
お問い合わせはmailまで
sajiya4@yahoo.co.jp

■東京都国立市での
作業場兼お店は
2013年7月28日を
もちまして店仕舞いさせて
頂きました。
詳しくは→

・・・

匙屋HP

匙屋Twitter

2010.9月以前のブログ
  (06年〜10年8月の
   企画展など記録)

■匙屋のスプーン購入先
メールにてお問合せ頂けましたらお近くの取扱店をご紹介いたします。
当方にて、ご注文を承りお送りもしています。
詳しくはこちら→

カテゴリ

全体
おしらせ
お話
作品紹介

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月