カテゴリ:お話( 143 )

カラダヤスメ

b0205288_20192888.jpg

大阪から戻り、ホッと一段落。
早い梅雨入りに洗濯物のタイミングを図っているところです。

梅田大丸での風水土のしつらい展では、これまでの出展で出会えたたくさんのお客様が変わらず足を運んで下さり本当にありがたく、感謝の毎日でした。

1週間のホテル住まい。
外食が続き、年々疲れ方が違ってきているような…

雨降りが続き、知らず知らずのうちに身体が冷えているようで温かい料理で疲れを取ろうと思います。

kosajiya
by ko-sajiya | 2014-06-05 20:36 | お話 | Comments(0)

窓より その3

まいにち、おだやかな日が過ぎています。

窓からの風景もこんなに変わりました。
4月が・・・ほんのり緑に桜
2月は・・・雪景色

そして、5月に入り緑がモリモリと湧きあがり、手前の煙突もモリモリです。
b0205288_10371686.jpg


気にかかるのは、アトリエの庭と住まいの庭、借りた畑の草刈り。
ご近所さん達は、こまめに手入れしてボサボサなのは、我が家だけ。
けっこうなプレッシャーです。

ボーっとはしてられないのですが…。

kosajiya
by ko-sajiya | 2014-05-25 10:50 | お話 | Comments(0)

Village2014 高知にて

b0205288_1349153.jpg

Village2014@高知、無事終了しました。

大きな木に囲まれてとても気持ちのよい2日間でした。
神社の境内、それも本殿の目の前にブースをいただいた匙屋。
結婚式も3組あり雅楽のなり響く中、匙を削るというなかなか無いシチュエーションでした。

初めて匙を並べる土地で大勢のお客さんに手に取って見てもらいました。ここから広がる色々なご縁が次のストーリーへと繋がると思うと楽しみです。

出展者も各地から集まり、最初は心細そうに始まった初日でしたが2日間色々助け合ったり、美味しいビールを一緒に味わい別れ際には熱い握手があちこちで。

来て下さったお客様には東京の娘から聞いて…友人から聞いて…など人づてに匙屋を目指してくださったこと本当にありがたく思います。
来てくださったお客様、そしてスタッフの皆さんへ深く感謝するイベントでした。

また、時々こういったイベントに参加して刺激を頂きたいと思います。

village2014の様子はこちらから
http://village-kochi.com/

kosajiya
by ko-sajiya | 2014-05-22 14:07 | お話 | Comments(0)

花・花・花。

この花は、なんという花でしょう?
いま、近所の空き地で群生しているのですがスッと細長い姿に小さな花が咲いています。
はじめて見る花。
b0205288_17361058.jpg


八重桜も満開です。
花を摘んで水に浮かべテーブルの上に。
b0205288_17361028.jpg

b0205288_1736108.jpg

菜花も花が咲いてしまい、そのまま料理。
フライパンの中で色鮮やかです。

草むしりの日々ですが腰を伸ばしながら遠くを眺め、深呼吸。




kosajiya
by ko-sajiya | 2014-04-23 18:00 | お話 | Comments(0)

竹のはなし

b0205288_20302397.jpg

先週5日間ほど大分県へ竹かご作りのお手伝いをしてきました。

屋号はおじろ角物店<おじろかくものてん>彼らのカゴは、全国各地のセレクトショップや工芸品を扱うショップで紹介され、注文のカゴをコツコツと制作しています。

今回この貴重な体験で実際竹に触れてみて、1つのかごができるまでの作業量に驚きました!
b0205288_842812.jpg

竹を割って、裂いて、切って、炙りながら曲げて・・・という作業を繰り返し、まずカゴ編みの部材を作るわけですがその種類の多いこと。カゴの種類とサイズの違いごとに部材も違ってくるわけでその準備だけでも時間を取られます。

今回、私は竹割り包丁を使って8.3mmの幅の部材と6.5mmの部材を割り続けました。
それぞれが500本以上必要ということで1200本ほど割ってきました。
コンコン、パシャ。コンコン、パシャ。…と竹の端に刀を挿し、その包丁の重みで割裂きます。
コツがわかってくるとパシャ、パシャと真っ直ぐに割れる様子が気持ちよく、止まらなくなってきました。
両親もこういう作業したら上手そうだなーとか、牛窓でもお年寄りが集まって作業出来たらいいのでは…などと考えたりもしました。
もっとたくさんの人の手が関われるのではないかと。

ぜーんぶの部材ができあがったらそれからが編み作業です。
b0205288_20313179.jpg

どんどんカゴの姿になっていくのを見ているとその昔、この形を考えて作り上げた人がいるということにまずは感心せずにはいられません。
だって、真っ直ぐな竹の棒が組み合わさって、組み合わさってカゴになっちゃうんですよ!
よく考えたもんだなぁと。

古くから伝わる数ある竹籠の中でも「角物」にふたりはこだわって大切に作っています。
その昔、お豆腐を入れて運ぶ用に作られたそうですがその姿も素敵だったでしょうね。今、私は裁縫道具入れにしたり、お弁当箱として使ったり。姿がいいのです。

カゴについての詳細はおじろ角物店のHPでご覧ください。
おじろ角物店では直接、通販等の対応はしていませんので各取扱店HPをご覧ください。



kosajiya
by ko-sajiya | 2014-04-17 21:33 | お話 | Comments(0)

b0205288_22154545.jpg

新しい土地でのはじめての春です。
どこにどんな花が咲くんだろう。
いつ咲くんだろう。
桜は・・・。
と、楽しみにしていました。

家の周りで桜が咲き始め、もしや窓の向こうに見える淡くピンク色になってきているのは・・・。
この3日ほどで新緑を背景に桜がやさしく広がりました。
リビングから見えるこの風景に本当に感激しております。

この窓から空や雲を眺めたり、海の色を見たり、雨や風の様子を見たり。
鳥の声が聞こえれば双眼鏡を覗く。
雪の日は、こんな風景でしたね。→ 

そしてこの窓からは、街のいろいろな人の活動が見えます。
朝の6時から夜の10時まで往復を繰り返す渡し船や日用品屋さんに行き交う人達。
もくもくと草刈りをしているおばあちゃん。
笑い声も時々聞こえてくる。
たくさん見える屋根のこの中で使われていない家がどれだけあるんだろう。。。
この半年、見聞きしたこの町の歴史や文化の流れと重ねあわせながら
それぞれの風景に想いを寄せて眺める時間が増えました。

一人の時間、静かな時間がずいぶん増えました。

kosajiya
by ko-sajiya | 2014-04-03 11:22 | お話 | Comments(0)

畑デビュー!

b0205288_21385970.jpg

やっと、やっと、畑仕事に着手することが出来ました。

東京の国立から岡山へ家探しに来ていた友人と
東京の国立から淡路での仕事に来ていた友人が牛窓を訪れてくれた。
ふたりとも国立でのご近所さんでそれぞれが畑仕事を楽しんでいる人達でした。
そして、何からしていいのかわからずにもたもた、うじうじしていた私達の畑開始に手を貸してくれました。

長らく使われずに土地の持ち主は、季節ごとに草刈りだけをやっていた土地で
使ってくれるんだったら助かるよ、と貸してくださった畑。

不思議な高さの畝とこの何日かで勢い良く伸び始めた草だらけの畑です。

彼らが手を動かしながら色々と教えてくれました。

土が良くなってくると、生えてくる草も違うんだよ。

うぅ~ん、ちょっと虫が少ないかなー
でも、七星テントウ虫はたっくさんいるね。

畑全体が同じ様にしか見えていなかったのが、よ~っく見ると場所によって土の感じが違ったり
生えている草の分布も見えてきて、なぜよもぎはこの辺ばっかりで豆科の草はこの辺ばっかりなんだろう?
と疑問も湧いてくるし、色々な違いが見えてきました。
b0205288_213936.jpg

慣れない作業に短時間しか体が持たず、まずは畝の上の草刈りだけ。

でも、土や草と会話をしながらの作業はとても気持ちよく、草を掘り上げただけの小さな畑がすでにその場にいつまでも居たいと思う愛おしいものになっていました。

何を植えようか。


kosajiya
by ko-sajiya | 2014-03-30 22:23 | お話 | Comments(0)

野蒜

b0205288_16133847.jpg

境内の横の空き地にノビルを発見!
数本いただきます、と抜かせて頂いた。

野蒜、よもぎ、フキノトウ。。。

春の若い芽を食べると身体が夏に向かう準備に入るそうです。
熱をからだに止めようと働いていた冬の身体から、熱を排出しやすい身体へと。

春の山菜の独特の苦味がその鍵。
新鮮な山菜や、春野菜を逃さずに!


kosajiya
by ko-sajiya | 2014-03-25 16:29 | お話 | Comments(0)

晴天なり

b0205288_1365763.jpg

うつわ楓「さかいあつし個展」へは、寒い中たくさんの方にお越し頂きありがとうございました。
1日だけの在廊でしたがたくさんの方にお会いでき、本当に嬉しかったです。

今回の上京では、挨拶もできずバタバタと引越してしまい気に掛かっていた材木屋さんや刃物屋さんにも伺うことができ、気がかりがひとつとれました。
久しぶりの東京は、もうひとつ故郷が出来たね、と懐かしむ場所となっていました。

牛窓に戻ると、梅は満開、猫や鳥達が目覚めたように忙しそうにしております。
枯れた茶色が広がる風景には、緑色が鮮やかに広がりつつあります。
光の色も風も変わりました。

春です。


kosajiya
by ko-sajiya | 2014-03-03 13:31 | お話 | Comments(0)

雪中お見舞い申し上げます。

b0205288_1725223.jpg

めずらしいよ〜
この辺りでは20年ぶり。
牛窓はめったに積もらないからね。
と会う人会う人おっしゃる。
越してきて早々にこんなめずらしい冬に当たり嬉しい限りです。

振り続ける雪、そして時々停電もしておりました。
どうなるだろうと不安でしたが3時を過ぎた頃には日が差して来てひと安心。

b0205288_1725725.jpg

by ko-sajiya | 2014-02-08 17:15 | お話 | Comments(0)

                                                                 木を削って、うるしを塗ってスプーンを作っています。


by ko-sajiya

プロフィールを見る

匙屋

■2016.11.30
sajiya studio開店いたしました
<岡山県瀬戸内市牛窓町>
営業:水・木・金・土 11:00-17:00
どうぞお気軽にお立ち寄りください

住所
瀬戸内市牛窓町牛窓3012
お問い合わせはmailまで
sajiya4@yahoo.co.jp

■東京都国立市での
作業場兼お店は
2013年7月28日を
もちまして店仕舞いさせて
頂きました。
詳しくは→

・・・

匙屋HP

匙屋Twitter

2010.9月以前のブログ
  (06年〜10年8月の
   企画展など記録)

■匙屋のスプーン購入先
メールにてお問合せ頂けましたらお近くの取扱店をご紹介いたします。
当方にて、ご注文を承りお送りもしています。
詳しくはこちら→

カテゴリ

全体
おしらせ
お話
作品紹介

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月