<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏の課外授業

b0205288_932218.jpg

雄大な瀬戸大橋を眺められる無人島、釜島に行ってきました。

周囲3.2kmの小さな島ですが、縄文、弥生土器の出土もあり歴史は長く藤原純友の城跡もあるそうです。
戦後も人は増え、小学校、中学校があったそうですがその後、離島する人が続き、昭和50年ごろに無人島になりました。

島と海を取り巻く歴史の話は、とても興味深く海賊の話では、海底の起伏を知る海賊が潮の満ち引きを利用してわざと商船を座礁させ強奪した話やこの小さな島にお城を建てた藤原純友を調べると1000年前ということに驚きます。

今回釜島へ行くきっかけは、匙屋のあった国立、松葉荘で現在ギャラリーを開いている○ミ(マルミ)で最初に展示をされた二名良日さんの作業に参加させてもらうためでした。
人が去った後、植物が力強く島を覆っています。
そんな中、竹を切り出し木から木をつたい竹の回廊を作っています。ひたすら根気作業です。
竹を切り出し、必要な長さに切り分け、ひたすら紐で縛り編み上げてゆきます。
滝のような汗を流しながら、一本一本組んでゆき、振り返るとそこに床ができている喜びはとてもシンプルな喜びです。

人が去って、40年。
形を残す家は殆ど無く、土間や床を竹が突き破り、瓦までも突き落としています。
けして粗末な家ではなく、材木も造りもとてもしっかりした家であったことが見受けられますが人の手で作られたものがこうやって紙のように破れ落ちるように朽ちている姿を見ると思いを巡らさずにはいられません。

b0205288_953152.jpg


3日間でしたが紐の結び方から竹の切り方、道具の使い方…たくさん勉強させていただきました。
牛窓からは近いのでまた行きたいと思っています。

二名さんの野外活動に興味のある方は、匙屋までご連絡下さい。
この釜島を管理している下電ホテルが企画する無人島体験ツアーもあります。
ファミリーや友人同士で参加して頂き、海遊び、火おこし体験、竹細工工作、竹の回廊めぐりなど二名さんのチームがインストラクターとしてガイドしてくれます。
匙屋ガイドがいる時もあるかも…


kosajiya
by ko-sajiya | 2014-07-26 11:37 | お話 | Comments(0)

つばめ

b0205288_16514818.jpg

ツバメのヒナたちが巣立ちの時期です。

ツバメの巣作りをご遠慮頂くご家庭も多いようですが、唐琴通りのご近所さん達は、とてもウエルカムでせっせと巣作りするツバメ達を暖かく見守っていました。

住まいと作業場を行き来する途中、あちこちで大きな口を開けて餌をねだる鳴き声を聞いたり、滑空する餌を運ぶ親鳥にびっくりさせらるこの2ヶ月が過ぎました。我が家は少し見晴らしのいいところにあるせいか、巣作りはしてくれませんでしたが巣立ちのこの頃は家の周りを飛び方の練習場にしてくれているようでたっくさんのツバメが一斉に飛び回っています。

1羽、ずっと電線から飛び立てずに居るのがいます。
まわりでは、兄弟でしょうか3羽が少しずつ少しずつ距離を伸ばして飛び回っています。

それぞれの心境を思い浮かべると自分もあんなことあったなぁと思い出します。



 kosajiya
by ko-sajiya | 2014-07-17 17:18 | お話 | Comments(0)

大納品!名古屋へ

b0205288_15403250.jpg

前回、神戸のカメリ・アパートメントさんで行った大納品(お店から言えば大入荷ですが)
大納品・大入荷は、常設以上・個展未満の位置づけで、どっさりと匙を見て頂く機会をもう少し軽やかに展開していければと試みているものです。

買い足しや贈り物にと匙を考えて下さる時に痒いところに手の届く匙屋でいたいと思っております。

そんな思いで今回は、名古屋へどっさりとお送りします。

名古屋で匙屋の匙を丁寧に紹介してくださっているsahanさん。
sahanさんで人気があるのが画像の「銘々匙」と呼んでいるシンプルなスプーンです。

匙屋の定番スプーンの中では、じわりじわりと人気のあるものなのですがなぜ、じわりじわりかと申しますと…
掬う部分が長細い、というか長細過ぎない?という形から使いやすさなどイメージしにくいのかと思います。
実際、はじめて出来上がってきた時、私も手に取り「?」「長くない?」とさかいに問いかけました。

首を傾げながら、使ってみました。
すると・・・
なんと、食べ姿がおしとやかになるんです。
先の方に食べ物をすくい小さめの口でスッと食べられるので、ガブリと食べさせてくれないこの匙、こんな私でもお上品になるのです!
スプーンによって所作が美しくなるなんて!と驚きました。

そんなウソのような、商品説明を(まぁ信じてもらえないよな〜)と思いながらもお話するとこんな話に乗って下さるお客様がぽつりぽつり。使った方からは、驚きの声にも似たお褒めの言葉をいただき、試しに1つと言って求めてくださった方が買い足して下さるケースがとても多いのです。

そしてなぜ、sahanさんで人気があるのかというと個展をさせていただいた時、近所のカレー屋さんバブーシュカさんで匙屋のスプーンを使ってカレーを食べる機会を作ってくださり、銘々匙を使ったお客様が気に入ってくださったというわけです。
その時のスプーンは、今でもバブーシュカさんで使って頂いているのでぜひ、行ってみてください。

銘々匙を紹介させていただきましたが他、匙屋の定番スプーンが15種類以上、150本ほど並びますのでぜひお立ち寄り下さい。

sahanへ大納品
7月12日(土)ー31日(木)



kosajiya
by ko-sajiya | 2014-07-09 16:43 | おしらせ | Comments(0)

おくるみ

b0205288_2074494.jpg

くにたちにいた頃は、その日その日食材を買うことができましたが
牛窓へ来てからは、やはり買いだめの習慣にしないと大変なので1週間ぐらいのものを
保管しながらになりました。
そこで大変なのが葉物。
1週間に1度宅配してもらう野菜には、春は特に葉物が多かったのですが
サニーレタス、つまみ菜、ラディッシュ、小松菜…
本当であれば新鮮な届いたその日に食べたいのですが1週間分です。なんとか保たせなくては…

そこでやってみました。
水で濡らし、軽く絞ったてぬぐい半分ぐらいの布でくるんでしまう方法。
これをそれぞれジップロックの大きめの袋に入れて野菜室へ。
b0205288_2074883.jpg

これがあたりました!よくもちます。

ネットで調べると保存方法として紹介されているほとんどが、濡らした新聞やキッチンペーパーを使っていますがデレデレになって使いにくいし、濡れた紙類はゴミとしても厄介ですし、布のほうがいいと思うんだけどな〜
葉物が大量に手に入った時などやってみてください。

kosajiya
by ko-sajiya | 2014-07-07 20:28 | お話 | Comments(0)

                                                                 木を削って、うるしを塗ってスプーンを作っています。


by ko-sajiya

プロフィールを見る

匙屋

■2016.11.30
sajiya studio開店いたしました
<岡山県瀬戸内市牛窓町>
営業:水・木・金・土 11:00-17:00
どうぞお気軽にお立ち寄りください

住所
瀬戸内市牛窓町牛窓3012
お問い合わせはmailまで
sajiya4@yahoo.co.jp

■東京都国立市での
作業場兼お店は
2013年7月28日を
もちまして店仕舞いさせて
頂きました。
詳しくは→

・・・

匙屋HP

匙屋Twitter

2010.9月以前のブログ
  (06年〜10年8月の
   企画展など記録)

■匙屋のスプーン購入先
メールにてお問合せ頂けましたらお近くの取扱店をご紹介いたします。
当方にて、ご注文を承りお送りもしています。
詳しくはこちら→

カテゴリ

全体
おしらせ
お話
作品紹介

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月