ドイツとスウェーデンへ

b0205288_20475850.jpg

b0205288_21104011.jpg

b0205288_2010379.jpg

寒さと重たい雲に包まれた季節を終えて、喜びの太陽の季節を迎えたドイツへ今年も行ってまいります。

Kunst Hand Fest in Barnitz
2015 5 14thu -17sun


バルニッツというドイツの北の小さな町に5組のアーティストがアトリエを構えています。
それぞれが5組ほどのアーティストを迎え、アトリエを開放し行われるクラフト&アートイベントに3年ぶりに参加させて頂きます。

画像は前回の時に撮影したものですがとてもうらやましい風景が広がる街でした。
バルニッツの街の様子を数字で調べると…
人口 828名
人口密度70人/k㎡…ちなみに東京国立市は9265人/k㎡
ゆ〜ったりとしております。

普段はのんびりとした小さな町ですがこのイベントの時は、たくさんの人が訪れ、各アトリエを歩いてまわりそして用意されたガーデンレストランで、のんびりと食事を楽しみます。

その場所に身をおくだけで幸せを感じるところです。

そして、そして
今回は4日間のイベント後、スウェーデンへ渡り、もうひとつの展覧会もさせて頂く事になりました。
ストックホルムでの作り手たちとの交流が楽しみです。

Konsthantverkarna
2015 5 20wed - 27wed


コンストハントヴェルカナとは…

匙を作り続けて20年。
何かしらのお役目を担っていると信じて行ってまいります。

kosajiya
# by ko-sajiya | 2015-05-04 20:11 | おしらせ | Comments(0)

網戸を洗う

b0205288_14433321.jpg

野々との暮らしが始まってからありがたいことに朝のスタートが早くなった。
顔だけ洗いさっそく散歩へ。

戻ってくるとそのままクールダウンのため庭に放して自由時間。
その時、我々は草むしりや木々の剪定、玄関掃除…。
気分もスッキリです。

そして、朝ごはんがおいしい。

今日は、おまけに網戸を洗ってみた。
思い起こすとこれまでの人生の中で網戸を洗ったことがない。
子供の頃、父親がジャージャーと水をあてながら洗っていた風景は目に浮かぶけれど、結婚してこれまで住んだおウチでは、洗っていない・・・?なぁ。
網戸がなかったわけではないんだろうけど(なかった家もあるな)、それほど気にならなかったのだろう。

この家に越して1年半、ずっと網戸の汚れが気になっていた。

洗面所の窓の網戸を外してみて、お風呂場で洗ってみたら簡単に綺麗になった!
これは、気持ちいい!

元の位置にはめ直してみると…
おぉーーーすがすがし〜
外の緑が映えてとてもきれい、そして明るい!

これは、癖になりそうです。


kosajiya
# by ko-sajiya | 2015-05-02 15:01 | お話 | Comments(0)

牛窓クラフト散歩 終了

b0205288_10112328.jpg

お知らせもできず、駆け抜けてしまいました。
牛窓からこと通りに点在する民家を巡りながら作り手の作品を見て頂く「第2回牛窓クラフト散歩」が開催されました。

北海道から沖縄までの日本各地で活動する作り手がここ、岡山の牛窓へ集まり、久しぶりの賑やかさです。

匙屋は、この唐琴通りに作業場があるので作業場を開放し、準備中の2階で展示しました。

2年に一度、開催されるこのクラフト散歩、前回の時、私達は岡山で家探しの真っ最中でしたが今は、地元の作り手として参加出来、まさか牛窓に住んでいるとは思ってもいなかったので少し不思議な感じがします。

建物の提供、食事の準備、会場のボランティア…このクラフト散歩では地元の皆さんにもたくさん関わってもらい一緒になって作っている感じがとても伝わってきます。運営の方々の大切にしているコンセプトが気持ちよく伝わってもきます。

人と人の関わりを大切に丁寧に積み上げて作っていく実行委員の皆さんに感謝の思いです。

そしてくにたちの匙屋でお会いしていたお客様のお顔が何組も…嬉しい限りです。ありがとうございました。


kosajiya


さあ、来月はドイツとスウェーデンへ行ってまいります。
また、怒涛の準備期間…。がんばります!
# by ko-sajiya | 2015-04-21 10:43 | お話 | Comments(0)

ようこそ、野々。

b0205288_11434065.jpg

新しいパートナーがやって来ました。
2014年12月24日生まれの野々です。

友人の犬、チャーに子供が生まれたと1月に知り、それから里親として手を上げるかどうか毎日毎日考えました。
寄り添い、お互いを理解し合い信頼関係を築くのに子犬の1年間は、特に大事と言われました。
今年は展示会がいつになく多く、それに作業場やお店も整えあげなくてはいけない、地方へ泊まりで出かけることも多いことなど、面倒が見きれるだろうかと不安材料はたくさんありました。

でも、夫婦二人、日々の流れが二人の都合でどうにでもなる毎日。自分たちの都合ではない別の時間軸もあるといいねと話していました。
以前メダカを飼っていた時でさえ、自分以外の都合を生活に組み込むことの幅の広がりを感じておりました。

そして、母犬と5匹の兄妹の中でさんざん過ごした3月8日我が家へ野々がやってきました。

向き合うこと1ヶ月。
最初の2週間ほどは、こちらもなんで?どうしたらいい?ボスにならなきゃ!と右往左往していました。そうすると野々も右往左往です。
インターネットで犬のしつけを調べると、出てくる出てくる…困った人からの質問疑問、お答えする人の考え方もそれぞれ。
いろんな人の考え方を読み、人だけの世界の話ではなかったことに気づきました。
遊んであげよう、撫でてあげる気持ちいいでしょ、こっちのほうがいいよ。など人が思う判断ではないところで生きている別の生き物なんだと。
未知なる犬の世界、いかに犬の世界の事を気づいて理解してあげられるかと断然興味がわきました。

そしてボスではなく「パートナー」になろう!と距離感がつかめ、こちらの気持ちがストンと収まった途端、野々の動きも変わりました。

人と犬のお互いの「こうしてくれると嬉しい」を伝え合えればいいのかなと今は思っています。
野々も一生懸命こちらの希望に答えようと必死になってくれています。
こんなにも人に寄り添う事を喜びとしている動物だったとは知りませんでした。

身体も毎日見ていてもどんどん大きくなっていて、こちらの事を理解してくれるスピードも断然早く、私もしかして負けているかもとすこしばかり焦るこの頃です。

野々がやってきて、起床6時、朝昼夕の散歩、掃除の回数が増え、雑巾を洗う回数が増え、毎日運動会を終えた夕方のような身体の疲れ方で夜は9時過ぎには眠くなってきます。

でも、以前にもまして張り合いができ、笑顔と喜びに満つ毎日になったのは確かです。
これから長い付き合いになります。
いつも傍らにいてくれる相棒にお互いなれますように…。


kosajiya




photo:2015.3.8野々我が家へ到着
# by ko-sajiya | 2015-04-06 13:17 | お話 | Comments(0)

大入荷@Kameli apartment in 神戸

b0205288_21312738.jpg

今年初の大入荷です!

今回もいろいろな種類をご覧いただき、気に入ったものをお選び頂けたらと思います。

匙を作り始めて、20年になりますが最近は新作を!と言う感じではなく、これまで作り上げてきた15種類ほどの匙を安定して使い手のみなさまにお届けできればと淡々と作っています。

口当たり、握りやすさ、用途に合わせて試行錯誤してきましたがもし、何か提案がありましたらご遠慮なく教えて下さいね。

今回のお店、Kameli apartmentさんは、先日フィンランドとロンドンへ買い付けに行ってきたばかり。
珍しいものも並んでいますよ。ぜひ、お立ち寄り下さい。

匙屋 大入荷@Kameli apartment in 神戸
2015 3.28 - 4.12
# by ko-sajiya | 2015-03-25 21:51 | おしらせ | Comments(0)

春分の日

b0205288_10511346.jpg

石川硝子工藝舎の石川昌浩さんのお誘いで臨んだ
展示会、「匙屋とコップ屋」@くらしのギャラリー本店も今日で終わる。
あっという間の会期も前半は肌寒く、後半は木の芽ほころぶ陽気。

昨日は春分の日。
幾度と開かれる展示会にも、季節の変わり目と同じように
作歴の変わり目となる会があるように思う。
僕の中で、何かが変わった。

石川さんとゆっくりご一緒する機会は年に何度もないが
展示の在廊中、有意義な時間を共有できた。

草は踏まれて根を拡げる。種は運ばれて芽を生やす。
見えないところで力を蓄える視点も教わった。

ありがとう。
お互い、野の者らしく咲き誇ろう。

さかいあつし
# by ko-sajiya | 2015-03-22 10:52 | おしらせ | Comments(0)

ここから。今日から。

b0205288_12363089.jpg

岡山牛窓に移って2年と経たないが、その間製作環境を整えることに気を留めてきた。
生業に物作りを選んで20年が過ぎ、何を今更と思われるかもしれないが
刻々と変わる状況に対応するのが精一杯で、作り方や環境は走りながら考える今迄だった。
走り方が解ってきたのかもしれない。

この地で並走してくれる人に出会うという幸運にも恵まれた。

初心に戻ってここからまた走りだすとしよう。
移転後、初の岡山展示が今日から始まる。

さかいあつし

2015.3.13 fri - 22 sun 17 tue
くらしのギャラリーにて


※ 画像:くらしのギャラリースタッフさん
# by ko-sajiya | 2015-03-13 12:39 | おしらせ | Comments(0)

匙屋とコップ屋

b0205288_8184461.jpg

さぁ、あと2週間となりました。
岡山での初めての展示会、石川昌浩さんとの二人展を問屋町のくらしのギャラリーさんでさせて頂きます。
くらしのギャラリーさんでは、企画ごとにポスターまで作ってくださいます!
b0205288_8184650.jpg

東京では、何百通もDMを出せていたのが新しい土地でのご案内枚数は、まだまだ100通にもとどきませんでした。
また、イチから始まるんだなぁと初心を思いだし気を引き締める思いとワクワクもしております。

今回のDMは、石川さんとくらしのギャラリーさんが考えて下さり、文庫本を模して趣ある素敵なものにして下さいました。

そこに綴られた言葉から。

  * * *

『匙屋とコップ屋』
 さかいあつし・石川昌浩

匙と硝子、素材は違えど、数を作るという仕事を選んだお二人。


コップと匙、
どちらも毎日使う働き者。
どちらも、使う人の口に直接、触れるもの。

どの家にも必ずあるもの。
だからこそ、きちんと真面目に作る。

さかいさんの作る匙と
石川さんの作るコップは
どこか似ている。

出しゃばらずに、前から
そこにあったかのような感じ。
使おうと思って使うのではなく
知らずと手にとっている。

そんな、匙とコップが
やってきます。


  * * *

2015.3.13 fri - 22 sun 17 tue
くらしのギャラリーにて


kosajiya
# by ko-sajiya | 2015-03-01 08:23 | おしらせ | Comments(0)

ベニ ヲ サス

b0205288_19543757.jpg

もったいなくて捨てられないと段ボール箱いっぱいにためられた使い捨ての利休箸に漆を塗っています。

捨てられないと貯めたのは、小田原にある和菓子菜の花の社長、高橋台一さん。

匙作りの合間に少しずつ漆塗に仕上げてきましたが段ボールいっぱいの箸を受け取ってから何年経ったのでしょう。

箸と一緒に「捨てられない。」と言う気持ちを受け取ったこの仕事。
ゆくあてもない割り箸をどうしたものかと迷いながら段ボールに集めた想いを想像してみる。
漆を塗りながら、何度も何度も。

黒漆で塗り上げ、両端に朱漆をほんの少しのせる。
紅をさした途端…
朱が漂わせるこの雰囲気を上手く表現できませんがもう使い捨てとは言わせません。


kosajiya

匙屋も少し出展しています。↓

菜の花暮らしの道具店 in 伊勢丹新宿店
2015年3月4日(水)ー17日(火)
伊勢丹新宿店本館5F

菜の花さんで取り扱いのある作り手のものがいっせいにご覧いただけます。
お時間ありましたらお立ち寄り下さい。
# by ko-sajiya | 2015-02-26 14:57 | お話 | Comments(0)

おかえり。おつかれさま。

b0205288_1826673.jpg

黄色い鳥器店さんでの展示会中に漆の塗り直しや修繕でお預かりした匙たちです。
1つずつ表情がその使い手色に染まり、誇らしげに見えます。
どれも大切に使って頂き、気にかけてそろそろ塗り直しをと、展示会場に持ってきて下さったかと思うと本当に嬉しいです。
また、しっかりと長く使って頂けるように修繕いたしますね。

松葉荘での匙屋に寄ってくださっていたご近所の皆さんにも大勢お会いすることができ本当に嬉しかったです。

今日は、漆を塗りながら久しぶりにお会いできた皆さんの事を思い浮かべていました。

くにたちから離れて1年半ですが嬉しい報告をしてくれる人も何人も…。
引き出物に匙を用意させてもらった可愛らしかったふたりが小さな赤ちゃんの顔を見せに来てくれて、その二人の顔が母親と父親の顔になっていたり。
ときどき立ち寄って仲良く作品を見てくれていたカップルが、結婚しましたとの報告をくれたり。
素敵な買い物をしてくださっていたおばあちゃまが変わることなくかっこよくてうれしくなりました!

皆さんとたくさんお話したかったのですが3日間では全然足りませんでした…。
挨拶もそこそこでちゃんとお話できなかった方には本当に申し訳ないです。せっかく来てくださったのに。

くにたちに住んで13年。お店を7年間。
たくさんの方に出会い、応援して頂いていたんだと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

お応えできているのか不安になりますが只々、匙に気持ちを込めて日々作ることだと肝に銘ずる漆の時間でした。


kosajiya・・・(時々誰が書いているの?と聞かれますがさかいかよが書いております。漆担当です)
# by ko-sajiya | 2015-02-11 19:34 | お話 | Comments(0)

                                                                 木を削って、うるしを塗ってスプーンを作っています。


by ko-sajiya

プロフィールを見る

匙屋

■2016.11.30
sajiya studio開店いたしました
<岡山県瀬戸内市牛窓町>
営業:水・木・金・土 11:00-17:00
どうぞお気軽にお立ち寄りください

住所
瀬戸内市牛窓町牛窓3012
お問い合わせはmailまで
sajiya4@yahoo.co.jp

■東京都国立市での
作業場兼お店は
2013年7月28日を
もちまして店仕舞いさせて
頂きました。
詳しくは→

・・・

匙屋HP

匙屋Twitter

2010.9月以前のブログ
  (06年〜10年8月の
   企画展など記録)

■匙屋のスプーン購入先
メールにてお問合せ頂けましたらお近くの取扱店をご紹介いたします。
当方にて、ご注文を承りお送りもしています。
詳しくはこちら→

カテゴリ

全体
おしらせ
お話
作品紹介

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月